SALTY!

  • ホーム
  • バックナンバー
  • ムック・DVD
  • 夕マヅメグランプリ
  • スタッフブログ
  • よくわかるルアーフィッシング用語集

よくわかるルアーフィッシング用語集

あ行

アイ
アイレットの略。ルアーにラインやフックをつなぐ金属環のこと。それぞれラインアイ、フックアイとも呼ばれる。
青物
ブリやカンパチ、ヒラマサなどアジ科の魚、カツオやシイラ、サバなど暖流に乗って回遊する魚も含めてこう呼ぶ。
アタック
魚がルアーに襲い掛かること。バイトと同意語だが、鼻先でつつくだけの状態も指す。
アップストリーム
河川など流れのある場所で釣りをするとき、上流に向けてルアーを投げること。対義語はダウンストリーム。
アピール
視覚、聴覚、振動などによって、魚にルアーの存在を知らせること。この力の大きいルアーと小さいルアーを巧みに使い分けながら釣るのが、ルアーフィッシングの楽しさでもある。
合わせ
魚がルアーに食い付いたとき、フックを確実に掛けるためにする動作。ロッドをあおったり、リールを速く巻いたりして力を加える。2、3回続けてやることを「追い合わせ」、魚が反転して自動的に掛かることを「向こう合わせ」という。
アングラー
釣り人のこと。ルアー釣りの世界ではフィッシャーマンということも多い。
ウエイト
魚やルアーの重さのこと。また、プラスチックや樹脂製ルアーのボディー内に入っている金属のこともいう。
ウエーダー
水の中に入って釣りをするための履き物。腰まであるものをウエストハイ、胸まであるものをチェストハイウエーダーと呼ぶ。ブーツタイプとシューズタイプがあり、それぞれスパイク底とフェルト底、フェルトスパイク底がある。素材はナイロン、ゴアテックス、ネオプレーンが代表的。
ウエーディング
ウエーダーを履いて、川や海に立ち込んで釣りをすること。より前に出られるため有利だが、危険度も高い。
ウォブリング
ミノープラグの2大アクションの一つで、ヘッドとテイルが左右に振れる動きをいう。魚に対するアピール度の高いのがメリット。
馬の背
河川の合流点に出来る、川底が隆起した場所。カケアガリや流れのヨレ、タルミ、そして流心など狙い目が豊富にある。
餌木(えぎ)
アオリイカなどイカ類を釣るために使う和製の疑似餌。これを使った釣りをエギングと呼ぶ。
エラ洗い
ヒットしたシーバスが、激しく首を振りながら水面で暴れること。ガバガバとエラで水をかくのでこう呼ばれる。迫力は満点だが、フックを外されることも多い。
堰堤(えんてい)
河川内の土砂が流出するのを防いだり、塩害防止などの目的で作られた堰のこと。下流側が好ポイントとなることが多いが、釣り禁止の場所も多いので注意が必要。
オーバーハンドキャスト
ロッドを真後ろから正面に振り下ろすキャスティングフォーム。コントロールを付けやすいのがメリット。
陸っぱり
岸に立って釣りをすること。
オフショア
沖のこと。オフショアゲームを簡略化してこう呼ぶことも。対義語はショア(海岸線)。
オフショアゲーム
沖で釣りをすること。沿岸にはいない青物や大型回遊魚が狙える。
オフセットフック
軸がクランク状になっている、ソフトルアー用のシングルフック。ラインアイからハリ先までが長く取れる。
オマツリ
ルアーや仕掛けに、ラインが絡んでしまうこと。