SALTY!

  • ホーム
  • バックナンバー
  • ムック・DVD
  • 夕マヅメグランプリ
  • スタッフブログ
  • よくわかるルアーフィッシング用語集

HOME > Posts Tagged ‘マダイ’

Posts Tagged ‘マダイ’の一覧

  • SALTY!2018年6月号

    4月16日発売

    SALTY!2018年6月号

    SALTY!6月号のお知らせ

    春を迎え新生活を謳歌している方も多いのでは?

    新年度ということもあり、今シーズンから新しい釣り物やスタイルに挑むのも面白いと思います。

    そこで今月のSALTY!では、様々なターゲットやゲームをご紹介。

    サーフマダイにショアジギ、アオリのエギング、メバル、シーバス……と注目の釣りをドドンとお届け致します!

     

     

    大充実のグラビアコーナー

     

    ヒデはやし 再現性を高めた陸っぱりマダイ

    乗っ込み狙い、どこをどう攻める?

    シーバスや青物狙いのゲストというイメージの強いマダイ。

    しかしタイミングや場所を絞れば狙って釣れる。

    数々の経験を元に、ヒデはやしさんが乗っ込みマダイの攻略法をロジカルに解説!

     

     

    イージーなのに期待感MAX

    ヒロセマンのお手軽ショアジギ講座

    道具の進化に伴い釣果も急上昇中で、投げているだけでワクワクするショアジギ。

    この釣りを愛してやまない広瀬達樹さんが、シーズンを迎えた青物狙いのゲームをご紹介。

     

     

    大物釣るならココを撃て!

    シャロー&ワンド。スローで攻める春アオリ

    春は大型アオリの好シーズン。でも、どこへ行けばいい?なんて人も多いはず。

    この時期に狙い目となる二大スポット『シャロー』『ワンド』の攻め方を

    エギングのエキスパート・池内修次さんがレクチャーしてくれた。

     

     

    要はカウント。ハード&ソフトで細かく刻め

    Glamorous! 三陸の春告魚

    春は三陸メバルの最盛期。20センチオーバーの数釣りも楽しめるシーズンだ。

    ジャクソンテスターとして活躍する村岡博之さんが、三陸のゲームを詳しく解説。

     

     

    限界突破の60メートル級。

    1グラムのジグヘッドを、

    届けようがなかったエリアに投げるとどうなるか?

    ウルトラシュートでメバルをねじ伏せる!

    圧倒的な飛距離をたたき出すキャストアシストがシマノから登場。

    『ウルトラシュート』を使い60メートル先を攻略する最先端のスタイルを

    おなじみ辺見哲也さんが実釣を通してご紹介!

     

     

    先発・中継ぎ・抑え、カラーはどうする?

    ヒラメ……達人域のルアー考

    いよいよ始まる春のヒラメシーズン。

    キャリアに関係なく、ルアーチョイスで悩むことが多いのでは?

    そこで井上友樹さん、大石浩史さんにご登場頂き、選び方の要点を解説してもらった。

     

     

    ツツイカ連発・大捕物♡

    キング笛木のノリノリ♪ドロッパー教書

    キングこと笛木展雄さんがツツイカの陸っぱりゲームをご紹介。

    餌木やスッテ単体だけでなく、ドロッパーを使うスタイルも解説してくれた。

    圧倒的な釣れっぷりと合わせてお楽しみ下さい!

     

     

    LAST SAMURAI TSURUSAKI

    千年の時を超える普遍 吐噶喇への思い、釣りへの敬意。

    鹿児島県のトカラ列島を行き来する『フェリーとしま』がこの3月に退役。

    今回フェリー最後の航海に合わせてトカラ列島へ遠征した津留崎義孝さん。

    思い入れあるフィールドでの釣りを通し、

    ルアーフィッシングのあるべき姿と未来像について語ってくれた。

     

     

     

    SALTY! LOVE SEABASS

    水温が上昇し、シーバスの活性も上がって釣りやすくなる季節。

    特に注目なのがバチ抜けパターンです。

    そこでバチ抜け攻略を中心にシーバスゲームをご紹介。

     

    アングラー密集──。

    バチ抜け盛期、ハイプレッシャーのしのぎ方

     

    バチ抜け無双@名古屋港

    90センチを引きずり出した神がかりの一撃

     

    チームロンジン東京湾バチ抜け修行

    <バチ抜け力>を鍛えるフィールドワーク

     

    小沼正弥のTrump Fishing

    未勝利の千葉県。シーバス捜査網で<六度目の正直>か?

     

    この他にも「やじうま新製品紹介」「フックの哲学」「メールボックス」「フィールドからON AIR」など強力連載&人気コーナーも大充実。SALTY!最新号をお楽しみに!

  • SALTY!2018年5月号

    3月16日発売

    SALTY!2018年5月号

    SALTY!5月号のお知らせ

    暖かい日が増え、いよいよ春の到来を感じる様になってきました。このシーズンを心待ちにしていた人も多いでしょう。

    シーバスにメバルやアジなどライトゲーム、エギング、オフショアなども盛り上がりを見せ始めます。

    SALTY!5月号では、そんな春に打ってつけの情報をたっぷりとお届けします!

     

    SALTY! LOVE SEABASS

    いよいよ迎えた春のシーバスシーズン。

    バチ抜けを始めいろいろなパターンで楽しめるのが魅力です。

    今月は旬のゲームをドドンとお届け。ファン必見の内容が盛りだくさん!

     

    コノシロ着きを誘惑する強波動と存在感

    関門海峡、激流のビッグミノースタイル

     

    手っ取り早く!ならワームが鉄板

    バチ抜けシーバス……ジグヘッド&ワッキーで爆る!!

     

    潮や天気に合わせて釣りできない!

    限られた時間。そのなかでの「BEST」を探せ

     

    ルアーは1種、誘いは現場で考える

    バチ・ハク・アミ・エビ……出たとこ勝負の春シーバス

     

    ウラ読みで勝つ!

    表裏一体のバチ抜け“セオリー”

     

     

    大充実のグラビアコーナー

     

     

     

    浅場のハンティング<やるか・やられるか>

    遠投リグ@デカメバル作戦

    小さなワームも遠投でき、今まで攻められなかったスポットも探れるキャストアシスト。

    大型のメバルを狙い撃つための遠投スタイルを、おなじみ広瀬達樹さんがご紹介!

     

     

     

    狙い撃て、積極果敢なプリスポーンの大物

    手返し&操作性重視! ジグ単2g超のパワーアジング

    産卵期は大型が狙って釣れる傾向にあるアジ。

    今まさに大物シーズン真っ最中のゲームを、ゼスタの奥津剛さんが詳しく解説してくれた。

     

     

     

    尺超えも出た! ハードルアー縛りのメバルダービー

    読者参加のオンラインバトル⋯結果発表!!

    21日から10日に掛けて、アプリ『アングラーズ』を使い実施されたメバル釣り大会。

    nadarスタッフや読者が参加し、オンラインで熱いバトルが繰り広げられた。

    そこでイベントの模様と怒濤の釣果を、誌面にて大発表。お楽しみに

     

     

     

    厳寒期こそ、望みはスカッと「爆釣」

    激アツ!竿頭のレシピ・マダイとヤリイカ

    この時期、オフショアの注目ターゲットといえばマダイとヤリイカ。

    この人気のゲームで爆釣を味わうためのノウハウを、キングこと笛木展雄さんがレクチャー。

    目からウロコの必釣パターンをお見逃しなく!

     

     

     

     

    小沼正弥のTrump Fishing

    ロック&シーバス。勝利を確信……からの絶体絶命!

    今月は相性バツグンの神奈川県でライト三目ゲームに挑むこととなった小沼正弥さん。

    出だしはなかなか好調で余裕かと思いきや、厳しい展開が待っていた──。

    お見逃しなく!

     

     

     

     

    キャスティングタックル勘考

    SAMURAI TSURUSAKI ヒラマサプラッギング・勝利の方程式

    北部九州エリアで人気のヒラマサプラッギング。

    津留崎義孝さんが、今後センシティブ化が見込まれるゲームを考察する。

    タックルやテクニックはの傾向、そして展望とは?

    ぜひお楽しみに!

     

     

     

     

    この他にも「やじうま新製品紹介」「フックの哲学」「メールボックス」「フィールドからON AIR」など強力連載&人気コーナーも大充実。SALTY!最新号をお楽しみに!

  • チヌマダイ?

    チヌマダイ?

    皆さんこにゃにゃちは、編集部トモスケです。

    きのうの帰り際、なにやら聞きなれない言葉が耳にはいりました。
    [つづきを読む]