SALTY!

  • ホーム
  • バックナンバー
  • ムック・DVD
  • 夕マヅメグランプリ
  • スタッフブログ
  • よくわかるルアーフィッシング用語集

HOME > Posts Tagged ‘辺見哲也’

Posts Tagged ‘辺見哲也’の一覧

  • SALTY!2018年10月号(最新号)

    8月18日発売

    SALTY!2018年10月号(最新号)

    SALTY!10月号のお知らせ

    暑さに拍車が掛かり、いよいよ夏本番! 皆さんは元気にフィールドへ向かっていることでしょう。

    さて今月のSALTY!はこの時期ならではのターゲットやゲームをたっぷりとお届け。名手によるノウハウはもちろん、実釣レポートなど見逃せない内容となっております!

     

    今旬ターゲット、怒濤のノウハウ&実釣ルポ

     

    太陽が似合う爆釣ターゲット

    ハゼクラ……アナタの背中を押しましょう!

    いよいよ迎えたハゼクラシーズン。この時期を心待ちにしていた方も多いのでは?

    バスデイの鈴木照弘さんによる最先端ノウハウをお届け!

     

    とびっ……きりの暑いナツ

    ショアジギシイラでスカッ!!といこう

    夏といえばやっぱりショアジギ。

    この釣りのエキスパートである辺見哲也さんが静岡県の大瀬崎でシイラに挑む。

    シマノのNEWアイテムが可能にした最先端の攻略法をお見逃しなく!

     

    ショアキャスター・萩原アニキの超解説

    浜のショアジギ・飛距離と釣果を伸ばす10の秘技

    サーフのショアジギを得意とするゼスタの萩原孝幸さんが、飛距離&釣果をアップするコツをドドンとご紹介。スキル&レベルアップを目指す方必見です!

     

    メタルで挑む!ヒロセマンの北海道遠征

    飛ぶ、沈む、誘う──素材の強みで手にしたフラット&ロック

    北海道といえば根魚を思い浮かべるけど、ヒラメの魚影も抜群に濃い。

    おなじみ広瀬達樹さんによる、ロック&フラットフィッシュ攻略の模様をお届けします!

     

    ターゲット、エリア、時間帯──ますます拡大

    イサキ爆釣。進化を遂げる最新バチコン事情

    話題のボートゲーム・バチコン。この釣りの伝道師として各地を行脚するピュア・フィッシング・ジャパンの清水智一さん。

    今月は新たなターゲット・イサキの攻略法を詳しく解説してくれた。

     

    基本にして王道。

    バイブとブレードで狙うリバーシーバス

    北上川と言えば、東北屈指のシーバスリバー。

    このフィールドに精通する村岡博之さんがデーゲームをご紹介。

    バイブとブレードで組み立てるマネジメント、必見です!

     

    絶妙スイムと回転フォールで激シブ上等!

    『豆さやジグ』くびれの魔力で刀狩り

    パッと見はいびつだけど、その形状には魚を釣るための多くのギミックが隠されている。

    HALの『豆さやジグ』の驚くべき性能を詳解。東京湾でのタチウオの実釣と併せてぜひご覧下さい!

     

    小沼正弥のTrump Fishing

    時合は上げ潮限定!? 短期決戦で挑むシーバス合計160センチ

    今月の舞台は茨城県。シーバス4尾以上、合計160センチ超というお題に挑む小沼正弥さん。

    職業釣り師の引き出しの多さ、そしてマネジメントをお見逃しなく!

     

    新潟県・エサ釣り船に乗るルアー五目&佐賀県・伊万里沖の日中イカメタル

    KING特選・残り少ない夏に駆け込む爆釣ルアー船

    おなじみKINGこと笛木展雄さんが、夏ならではの各地のゲームをレポート。

    ブリにマダラ、イカメタル……と釣趣はもちろん食味も抜群のターゲット満載でお届けします!

     

    おとなの夏休みは「夢のオアシス」探しデショ

    チヌトップ!探検記@小豆島

    ご存じnadarの荒牧伸弥さんが、チヌを求めて香川県の小豆島へ遠征。

    島をぐるっと一周してポイントをラン&ガンすると、想像を超える反応が待っていた!

    圧倒的な釣れっぷり、そして現地で得た攻略のヒントなど、ぜひお楽しみに!

     

    ロンジン危機!? トルコの熊男・ヤーシン襲来

    Welcome to japan! シーバス夏合宿

    ロンジンのお膝元・千葉県市原市にトルコのショップスタッフがやってきた!

    シーバスを釣りたいがために来日したヤーシン氏と、ロンジンのメンバーが各地のフィールドを練り歩く。

    国境を越えた“シーバス愛”をご覧下さい!

     

     

    この他にも「やじうま新製品紹介」「フックの哲学」「メールボックス」「フィールドからON AIR」など強力連載&人気コーナーも大充実。SALTY!最新号をお楽しみに!

  • SALTY!2018年9月号

    7月17日発売

    SALTY!2018年9月号

    SALTY!9月号のお知らせ

    夏らしい日差しが降り注ぎ、フィールドではいろいろなターゲットが元気に泳ぎ回っています。ショアジギにシーバス、チヌ、ロック……と様々な釣りが楽しめるシーズンが到来しました。そこでSALTY!9月号では、旬を迎える釣り物やゲームスタイルをドドン!とお届け致します。

     

     

    大充実のグラビアコーナー

     

    伊豆半島グルーパー絶賛発展中!

    アカハタ&オオモンハタは地形と誘いで釣り分け可能

    近年、話題を集めているグルーパー。

    いよいよシーズンを迎えたゲームを、ゼスタの奥津剛さんがご紹介。

    今回のテーマは、伊豆半島におけるアカハタとオオモンハタの釣り分け。ファン必見の内容です!

     

     

    ヒロセマン Presents

    夏の夜遊びイカメタル。アタリジャンキー増加中!

    夏の夜遊びとして大人気のイカメタル。

    その魅力や道具立て、楽しみ方をヒロセマンこと広瀬達樹さんがご紹介。

    オフショア入門に最適なシンプルさ、

    そしてベテランもうなる奥深さについて、熱く語って頂きました!

     

     

    聖地・三陸から旬のリポート

    飛びのメタルルアー、マゴチに効くのはどれ?

    この時期に旬を迎えるマゴチ。フィールドはサーフで、使うルアーは飛距離が大切だ。

    そこで遠投性に注目し、マゴチに効果的なメタルルアーを詳解。

    ご存じ村岡博之さんによる検証リポートをお届けします。

     

     

    Polpo ti amo!してやったりの満足感。

    How-To>おいしく遊ぶ陸っぱりタコ

    我々の身近にいるタコも夏に好期を迎えるターゲット。

    ピンクジョージの愛称でおなじみの木下丈士さんが、その楽しみ方を詳しく解説してくれた。話題沸騰のゲームに乗り遅れるな!

     

     

    「飛距離」という絶対的条件を超えろ!

    手軽なライトショアジギ……なれど、道具はしっかり選びマショ

    この時期、やっぱり欠かせないのがライトショアジギ。

    シーバスやエギングタックルで遊ぶ人も多いけど、専用を使うことで釣果は圧倒的に伸びる!

    辺見哲也さんによる目からウロコの解説をお見逃しなく!

     

     

    ポテンシャルは悪天候を凌駕する

    聖地・室蘭。爆釣の道産子ロック

    北海道といえばロックフィッシュのメインフィールド。

    アイナメの聖地と呼ばれる室蘭へ、清水智一さんがロッドテストも兼ねて遠征。悪天候をモノともしないポテンシャルに圧倒される──。

    驚異の釣れっぷりをお楽しみに!

     

     

    北海道利尻島&鹿児島県甑島

    KING笛木・新緑の南北漫遊

    キングこと笛木展雄さんが豪華遠征を二本立てでレポート。

    北海道利尻島のロック、そして鹿児島県甑島のエギングと、南北の離島におけるゲームの模様をご紹介。釣るためのヒント、釣果を伸ばすコツなど、マル秘ネタも必見です!

     

     

     

    SALTY!LOVE SEABASS

     

    オトコはいつまでも夏の冒険をやめない──

    川越シーバス 遡上の限界を探す旅

     

    小沼正弥のTrump Fishing

    なるか、予告ホームラン。ド地元の東京都でシーバス合計150センチ

     

    往復3,000キロの陸路大遠征

    ガイドなし@宍道湖。自力で仕留めた殊勲の3

     

     

    夕グラ頂上決戦グランプリファイナル2018

    NOBOSE

     

     

    思わず飛び出た「飛び過ぎやん!」

    川鱸・人がや<れ><ら>ない裏パターン

     

     

    ジャーキング、誘いは335拍子

    止めればドンッ! メリハリで食わせる川鱸

     

     

     

    この他にも「やじうま新製品紹介」「フックの哲学」「メールボックス」「フィールドからON AIR」など強力連載&人気コーナーも大充実。SALTY!最新号をお楽しみに!

  • SALTY!2018年8月号

    6月15日発売

    SALTY!2018年8月号

    SALTY!8月号のお知らせ

    いよいよ全国が梅雨入り。この時期に面白くなってくるのがシーバスです。

    そこで SALTY!8月号では、いろいろなスタイルのシーバスゲームを大特集しました。

    この他ショアのデカ青物やオフショアの鯛ラバ、フラッシュジギング、モンスターハントが面白いアオリのエギングなど旬の釣りをたっぷりとご紹介致します。

     

     

    SALTY!LOVE SEABASS

     

    警戒させないサイズ感、ワイドボディーでしっかり誘う

    名港コノシロパターン…9センチプラグが強いワケ

     

     

    シーバスポイントの探し方/ルアーの投げ方&引き方

    ボラの幼魚で組み立てる夏の中・小河川

     

     

    釣りガール参戦。チームロンジンの神通川アタック

    急転直下を制したダウン攻略の神髄

     

     

    千変万化の磯をラン&ガンでアジャスト

    ヒラスズキ・ポイント選眼の鍛え方

     

     

    小沼正弥のTrump Fishing

    職業釣り師はうれしい悲鳴!? アングラー急増の福島県でシーバスを狙う

     

     

    バラシの原因と完全克服LESSON

    高感度PE時代にまん延する釣り師の病

     

     

    大充実のグラビアコーナー

     

    10キロのブリが我先にバイト!

    食い渋りのデカ青物、特効薬は……え、シーバスミノー?

    ショアで大型の青物を狙うとき、出番となるのはシンペンやジグ。

    確かによく飛ぶけど、多用されるだけにアクションにはスレ気味……。

    そこで活躍するのがシーバス用ミノー。

    圧倒的な釣果をたたき出すノウハウをお届けします。

     

     

    ヒロセマンの鯛ラバ道場

    すぐできる奥義・等速巻き、夢中になる組み合わせの妙

    オフショアの人気ゲーム・鯛ラバ。

    その魅力と、入門向けハウツーをおなじみ広瀬達樹さんが分かりやすく解説。

    オフショアデビューを考えている方、必見です!

     

     

    実釣テスト──PENN開発の舞台裏

    革新へ導く名手の技術と最先端テクノロジー [平松慶に密着]

    ピュア・フィッシング・ジャパンで開発が進められている『PENN』ブランドのアイテム。

    ご存じオフショア名手・平松慶さんが携わり、日夜テストが続けられている。

    そんなテストの模様を実釣を通してご紹介。知られざる開発の裏側、お楽しみに!

     

     

    オフショアデビューに最適な釣りをご案内

    あぜっちのHOW-TOフラッシュジギング

    近年、注目を集めるボートゲーム・フラッシュジギング。

    誰でも簡単にできて釣果も抜群の釣りを、あぜっちこと畦地香帆さんが丁寧に解説してくれました。

    抜群の釣れっぷりと併せて、お楽しみ下さい!

     

     

    知れば10倍近付く、3キロオーバーを捕る「座学」

    with KINGの小笠原父島レポート

    初夏に掛けて大型狙いがヒートアップするアオリのエギング。

    笛木展雄さんによる、記録級のモンスターを攻略するための「座学」をお届け。

    地形や水温から見たポイント選び、餌木のサイズやカラーチョイスなど即実践できるノウハウが満載です!

     

     

    釣れすぎ御免!の最強ボートスタイル

    アジ+マイクロジグ+スローピッチ=アジギング!

    東京湾のボートアジングで話題を集めているのが、スロー用の小型ジグを使うスタイル。

    この釣りに早くから着目し、攻略法を模索してきたゼスタの芦原仁さんが特効メソッドをご紹介!

     

     

    もう輸入モンなんか口には入れない

    ズシッ! ムギュ!! ゼッタイ釣るぞ、タコ

    水温の高まりとともに面白くなるのがタコ釣り。

    近年、このゲームに力を入れるメガバスが、またまた新たなメソッドやアイテムを投入する。

    ノウハウはもちろん、ピンクジョージによるタコ釣りの世界観、魅力や絶品料理など必見です!

     

     

    この他にも「やじうま新製品紹介」「フックの哲学」「メールボックス」「フィールドからON AIR」など強力連載&人気コーナーも大充実。SALTY!最新号をお楽しみに!

  • SALTY!2018年7月号

    5月16日発売

    SALTY!2018年7月号

    SALTY!7月号のお知らせ

    気温がグングン上がり、いよいよ夏めいてきました。

    この時期はターゲットも豊富で、海ルアーをいろんなスタイルで楽しめます。

    というわけで7月号のSALTY!では、ヒラメにチヌ、メバル、シーバス、ショアジギにオフショア……と注目のゲームをイッキ見せ。読んですぐ身に付くノウハウをたっぷりとお届けします。

     

     

    大充実のグラビアコーナー

     

    聖地静岡サーフ

    ヒラメの季節・飛ばしの組み立て

    人気ターゲット・ヒラメがいよいよシーズンイン。

    特にサーフでは飛距離が重要で、ルアー選びがカギを握る。

    ジャクソンの井熊亮さんによる攻略法をお届けします。

     

     

    ボトムを小突き倒せ!

    HAL的チヌゲー『シャッディング』のABC

    チヌゲームで注目を集めているスタイル『シャッディング』。

    昼夜を問わず釣れ、実績も急上昇。

    シーズンを前に、今季ブレイク必至の釣法を詳しくご紹介!

     

     

    40オーバー…<伝説級>はここにいる

    海藻ジャングル、in&outで狙うデカメバル

    デカメバルの聖地とされ、バツグンの実績を誇る常磐の磯。

    狙って大物を仕留めるために不可欠なのが、海藻帯の攻略だ。

    おなじみハンター塩津さんが、海藻ジャングルの攻め方を詳解してくれた。

     

     

    チームロンジン、最後に見せた粘りの釣果

    公園、河川、また公園。岸ジギでシーバス&チヌ乱舞

    日中に潮がよく動く季節、シーバスのデーゲームがヒートアップする。

    なかでも注目なのが岸ジギで、足場のいいフィールドで遊べる。

    チームロンジンによる日中シーバスのレポート、お楽しみに!

     

     

    飛距離実験 4812本ヨリPE

    シーバスプラグでどれほど違う?

    いまさら聞けない<特性・効果・メンテ・セッティング>

    ルアーゲームに欠かせないPEライン。ヨリ数もいくつかあり、それぞれ何がどれほど違うのか?が気になるところ。

    そこで辺見哲也さんが、シマノの『ピットブルPE』を使いシーバスプラグを投げ比べ。

    必見の飛距離データを始め、フィーリングによるおすすめチョイスなどお楽しみに!

     

     

    小沼正弥のTrump Fishing

    茨城県の三目釣り。好スタート一転、大迷走の8時間

    今月の舞台は茨城県。バチ抜けシーバスに常夜灯周りのメバルと好スタートを切ったものの、残り1魚種がなかなか姿を見せない……。

    果たして勝ち星を積み上げられたのか!? 乞うご期待。

     

     

    Offshore SALTY!

     

    初夏の陽気を感じるようになると、盛り上がりを見せ始めるボートゲーム。

    今月はマイクロジギングや東京湾で注目のマゴチ、ボートシーバスに巨大イシナギの捕獲、ヤリイカの数釣りなどオフショアの様々なテーマをドドン!とお届けします。

     

     

    手軽さと衝撃のギャップに心躍る

    ヒロセマンL♡VE 疲れ知らずのマイクロジギング

     

     

    初めてでも釣れちゃう、家族で楽しめる♪

    夏に向け快釣♡ルアーマゴチ

     

     

    漁師も驚愕の109キロ!

    オオクチイシナギ……スローで食わせた金洲の怪物

     

     

    突撃! 山陰エリアで巨メバルの巣窟を探検せよ

    アベレージが25センチにも達するという

    聖域に臨むnadar隊の運命やいかに── by アラマキシンヤ

     

     

    普通に終わるか、色の違いで竿頭を取るか!?

    いまこそメタルスッテ最強・畳み掛けのカラー戦略

     

     

    この他にも「やじうま新製品紹介」「フックの哲学」「メールボックス」「フィールドからON AIR」など強力連載&人気コーナーも大充実。SALTY!最新号をお楽しみに!

  • SALTY!2018年6月号

    4月16日発売

    SALTY!2018年6月号

    SALTY!6月号のお知らせ

    春を迎え新生活を謳歌している方も多いのでは?

    新年度ということもあり、今シーズンから新しい釣り物やスタイルに挑むのも面白いと思います。

    そこで今月のSALTY!では、様々なターゲットやゲームをご紹介。

    サーフマダイにショアジギ、アオリのエギング、メバル、シーバス……と注目の釣りをドドンとお届け致します!

     

     

    大充実のグラビアコーナー

     

    ヒデはやし 再現性を高めた陸っぱりマダイ

    乗っ込み狙い、どこをどう攻める?

    シーバスや青物狙いのゲストというイメージの強いマダイ。

    しかしタイミングや場所を絞れば狙って釣れる。

    数々の経験を元に、ヒデはやしさんが乗っ込みマダイの攻略法をロジカルに解説!

     

     

    イージーなのに期待感MAX

    ヒロセマンのお手軽ショアジギ講座

    道具の進化に伴い釣果も急上昇中で、投げているだけでワクワクするショアジギ。

    この釣りを愛してやまない広瀬達樹さんが、シーズンを迎えた青物狙いのゲームをご紹介。

     

     

    大物釣るならココを撃て!

    シャロー&ワンド。スローで攻める春アオリ

    春は大型アオリの好シーズン。でも、どこへ行けばいい?なんて人も多いはず。

    この時期に狙い目となる二大スポット『シャロー』『ワンド』の攻め方を

    エギングのエキスパート・池内修次さんがレクチャーしてくれた。

     

     

    要はカウント。ハード&ソフトで細かく刻め

    Glamorous! 三陸の春告魚

    春は三陸メバルの最盛期。20センチオーバーの数釣りも楽しめるシーズンだ。

    ジャクソンテスターとして活躍する村岡博之さんが、三陸のゲームを詳しく解説。

     

     

    限界突破の60メートル級。

    1グラムのジグヘッドを、

    届けようがなかったエリアに投げるとどうなるか?

    ウルトラシュートでメバルをねじ伏せる!

    圧倒的な飛距離をたたき出すキャストアシストがシマノから登場。

    『ウルトラシュート』を使い60メートル先を攻略する最先端のスタイルを

    おなじみ辺見哲也さんが実釣を通してご紹介!

     

     

    先発・中継ぎ・抑え、カラーはどうする?

    ヒラメ……達人域のルアー考

    いよいよ始まる春のヒラメシーズン。

    キャリアに関係なく、ルアーチョイスで悩むことが多いのでは?

    そこで井上友樹さん、大石浩史さんにご登場頂き、選び方の要点を解説してもらった。

     

     

    ツツイカ連発・大捕物♡

    キング笛木のノリノリ♪ドロッパー教書

    キングこと笛木展雄さんがツツイカの陸っぱりゲームをご紹介。

    餌木やスッテ単体だけでなく、ドロッパーを使うスタイルも解説してくれた。

    圧倒的な釣れっぷりと合わせてお楽しみ下さい!

     

     

    LAST SAMURAI TSURUSAKI

    千年の時を超える普遍 吐噶喇への思い、釣りへの敬意。

    鹿児島県のトカラ列島を行き来する『フェリーとしま』がこの3月に退役。

    今回フェリー最後の航海に合わせてトカラ列島へ遠征した津留崎義孝さん。

    思い入れあるフィールドでの釣りを通し、

    ルアーフィッシングのあるべき姿と未来像について語ってくれた。

     

     

     

    SALTY! LOVE SEABASS

    水温が上昇し、シーバスの活性も上がって釣りやすくなる季節。

    特に注目なのがバチ抜けパターンです。

    そこでバチ抜け攻略を中心にシーバスゲームをご紹介。

     

    アングラー密集──。

    バチ抜け盛期、ハイプレッシャーのしのぎ方

     

    バチ抜け無双@名古屋港

    90センチを引きずり出した神がかりの一撃

     

    チームロンジン東京湾バチ抜け修行

    <バチ抜け力>を鍛えるフィールドワーク

     

    小沼正弥のTrump Fishing

    未勝利の千葉県。シーバス捜査網で<六度目の正直>か?

     

    この他にも「やじうま新製品紹介」「フックの哲学」「メールボックス」「フィールドからON AIR」など強力連載&人気コーナーも大充実。SALTY!最新号をお楽しみに!

  • SALTY!2018年5月号

    3月16日発売

    SALTY!2018年5月号

    SALTY!5月号のお知らせ

    暖かい日が増え、いよいよ春の到来を感じる様になってきました。このシーズンを心待ちにしていた人も多いでしょう。

    シーバスにメバルやアジなどライトゲーム、エギング、オフショアなども盛り上がりを見せ始めます。

    SALTY!5月号では、そんな春に打ってつけの情報をたっぷりとお届けします!

     

    SALTY! LOVE SEABASS

    いよいよ迎えた春のシーバスシーズン。

    バチ抜けを始めいろいろなパターンで楽しめるのが魅力です。

    今月は旬のゲームをドドンとお届け。ファン必見の内容が盛りだくさん!

     

    コノシロ着きを誘惑する強波動と存在感

    関門海峡、激流のビッグミノースタイル

     

    手っ取り早く!ならワームが鉄板

    バチ抜けシーバス……ジグヘッド&ワッキーで爆る!!

     

    潮や天気に合わせて釣りできない!

    限られた時間。そのなかでの「BEST」を探せ

     

    ルアーは1種、誘いは現場で考える

    バチ・ハク・アミ・エビ……出たとこ勝負の春シーバス

     

    ウラ読みで勝つ!

    表裏一体のバチ抜け“セオリー”

     

     

    大充実のグラビアコーナー

     

     

     

    浅場のハンティング<やるか・やられるか>

    遠投リグ@デカメバル作戦

    小さなワームも遠投でき、今まで攻められなかったスポットも探れるキャストアシスト。

    大型のメバルを狙い撃つための遠投スタイルを、おなじみ広瀬達樹さんがご紹介!

     

     

     

    狙い撃て、積極果敢なプリスポーンの大物

    手返し&操作性重視! ジグ単2g超のパワーアジング

    産卵期は大型が狙って釣れる傾向にあるアジ。

    今まさに大物シーズン真っ最中のゲームを、ゼスタの奥津剛さんが詳しく解説してくれた。

     

     

     

    尺超えも出た! ハードルアー縛りのメバルダービー

    読者参加のオンラインバトル⋯結果発表!!

    21日から10日に掛けて、アプリ『アングラーズ』を使い実施されたメバル釣り大会。

    nadarスタッフや読者が参加し、オンラインで熱いバトルが繰り広げられた。

    そこでイベントの模様と怒濤の釣果を、誌面にて大発表。お楽しみに

     

     

     

    厳寒期こそ、望みはスカッと「爆釣」

    激アツ!竿頭のレシピ・マダイとヤリイカ

    この時期、オフショアの注目ターゲットといえばマダイとヤリイカ。

    この人気のゲームで爆釣を味わうためのノウハウを、キングこと笛木展雄さんがレクチャー。

    目からウロコの必釣パターンをお見逃しなく!

     

     

     

     

    小沼正弥のTrump Fishing

    ロック&シーバス。勝利を確信……からの絶体絶命!

    今月は相性バツグンの神奈川県でライト三目ゲームに挑むこととなった小沼正弥さん。

    出だしはなかなか好調で余裕かと思いきや、厳しい展開が待っていた──。

    お見逃しなく!

     

     

     

     

    キャスティングタックル勘考

    SAMURAI TSURUSAKI ヒラマサプラッギング・勝利の方程式

    北部九州エリアで人気のヒラマサプラッギング。

    津留崎義孝さんが、今後センシティブ化が見込まれるゲームを考察する。

    タックルやテクニックはの傾向、そして展望とは?

    ぜひお楽しみに!

     

     

     

     

    この他にも「やじうま新製品紹介」「フックの哲学」「メールボックス」「フィールドからON AIR」など強力連載&人気コーナーも大充実。SALTY!最新号をお楽しみに!

  • SALTY!2018年4月号

    2月16日発売

    SALTY!2018年4月号

    SALTY!4月号のお知らせ

    一年で最も寒い時期が到来しました。

    でもフィールドではターゲットが活発に餌を追い、ルアーにもバンバン好反応。

    メバルにアジ、シーバス、ヤリ&スルメイカなどが面白く、何を狙うか迷うかも!?

    というわけで、SALTY4月では様々な釣りを多角的にご紹介します!

     

     

    旬のターゲット&スタイルをお届け!

     

     

    愛してやまないヒロセマンの熱狂スタイル

    24時間メバリング

    釣り方が研究され道具も進歩したことで、昼も夜も釣れるようになったメバル。

    このゲームを誰よりも愛してやまない広瀬達樹さんが、

    24時間楽しむための方法をご紹介。

     

     

    列島縦断メバプラッギン♪

    各地の特徴と要点、先読み予報!

    近年、注目を集めているメバルのプラッギング。

    このスタイルを多くのアングラーに楽しんでもらおうと、

    nadar.のテスターやスタッフが今季の傾向と対策を教えてくれた。

     

     

    釣りガールもキッズも爆釣体験

    気軽に始める東京湾シーバスジギング

    シーバスがたくさん釣れるだけでなく、オフショアの入門としても打ってつけのジギング。

    おなじみトモ清水さんが昨期アングラーズアイドルファイナリスト・いわさきひろみさんと東京湾へ出撃。実釣の様子とともに、その魅力や楽しさを語ってくれた。

     

     

    ショアジギ2018開幕

    トレンドアイテム編集部CHECK

    大人気のショアジギ。今年も各社から新製品が続々と登場している。

    そこでフィッシングショーなどで発表されたNEWアイテムを始め、

    話題の製品などをピックアップ。ライブ方式でドドン!とご紹介致します。

     

     

    定番から裏ワザ、そんなことまでやってたの!?

    小沼流マイクロルアーのマル秘テク、イッキ見せ!

    春先を中心に、シーバスのパターンで難しいのがマイクロベイト。

    そこで職業釣り師・オヌマンが普段から実践している様々なテクや戦術を詳しく解説。

    これでもう、マイクロベイトは得意パターンになる!

     

     

    激流の100メートル先へ送り込め!

    しまなみ海道。エソを食う大型シーバスを狙い撃つ

    ゴウゴウと音を立てる激流にもシーバスは身を潜め、捕食のチャンスをうかがっている。

    特殊なシチュエーションながら、釣れるのはほとんどランカーというから見逃せない。

    魅力タップリのゲームを、攻略法と併せてお届けします!

     

     

    ドSな皆さんに贈る

    厳寒のヤリイカ・スルメイカ・アオリイカ

    水温が下がりきるこの季節、イカはダメ……なんてことはアリマセン!

    ヤリにスルメはもちろん、タイミングを狙い撃てばアオリだって釣れる。

    寒さに負けず頑張りたい!というアナタに、キングがとっておきの必釣法をご紹介。

     

     

    開発テスト釣行……

    戦略はノーガード、戦術は各個撃破

    開発中のロッドテストのため、ジャンプライズの井上友樹さんが長崎県の五島列島へ遠征。ショアで良型のヒラマサにマダイが顔を出し、上々の結果を得た。

    データを確実に蓄積するには、場所のポテンシャルに頼らずロジカルに魚を追い詰める──。

    井上スタイルをお見逃しなく!

     

     

    ステラ・ヴァンキッシュ・エクスセンスの頂上比較

    辺見哲也…ステラへのトリビュート

    いよいよ発売となった新型ステラ。言わずと知れた、シマノが世界に誇る最高級リールだ。

    リリース前から様々なゲームで使用してきた辺見哲也さんが、ヴァンキッシュやエクスセンスとの比較、

    それぞれの特徴などを紹介しつつステラへの思いを綴ってくれた。

     

     

    ハンティング……漠然とではなく組み立てるもの

    SAMURAI TSURUSAKI サワラを仕留める最大化を考える……の巻

    ターゲットを漠然と狙っても再現性が乏しくゲーム性も低い。

    では再現性を高めるにはどうすればいいか?

    津留崎義孝さんが長崎沖でのサワラ釣りを例に、ゲームの組み立て方について詳しく解説してくれた。

     

     

    この他にも「やじうま新製品紹介」「フックの哲学」「メールボックス」「フィールドからON AIR」など強力連載&人気コーナーも大充実。SALTY!最新号をお楽しみに!

  • ご当地パターン

    ご当地パターン

    どーも! 田中です。
    辺見さんと富山へ取材に行ってきました。


    ゲーム開始を前に、入念にラインシステムを組む辺見さん。
    出来映えを見て「う〜ん、イマイチだな」とつぶやき、すでに2度ほど結び直しています。


    それほどまで慎重になるお相手とは……

    [つづきを読む]